「疲れた~」が口癖の子どもたち

現代社会はストレス社会。大人の世界だけでなく、子どもたちも例外なく、

このストレス社会の影響をうけているといわれています。

 

 

ある調査では、「からだがだるい」「頭がぼぉーっとする」「ねむい」と

いった『ねむけとだるさ』を強く感じる小学生が多くなっているそうです。

 

また、朝の登校時に最も疲れを感じ、授業中にしだいに疲れがとれ、給食前

がいちばん元気、という報告もあります。さらに曜日別の疲れ具合では、

月曜日 が最も疲れ、週末にむかって疲れが減少し金曜日がいちばん元気のようです。

このような子どもの疲労感は、生活の中でのストレスに起因するものだと考えられます。

 

 

お子さんによってストレスと感じる対象は異なります。

ご自分のお子さんの“ストレスサイン”を見逃さす、そのときに合った解消法でストレスを

減らしていくことも大切です。

 

お子さまのストレス解消法として、

「深呼吸をさせる」「運動遊びをする」「工作をさせる」「抱きしめて上げる」ことも有効です。

 

 

もしご自身のお子さんに合った解消法が分からないときは、身近にいる先生や児童館・

遊び場のスタッフ、プレイリーダーに相談するなどして、保護者の方々も子育てに対する

ストレスを抱えないようにするのも肝要です。

 

 

 

 

——————————————————————

【最新の子育てびはアプリでも配信中!】

 

マジコレのアプリからでも子育て記事を購読できます!

↓ ↓ ダウンロードはこちらから ↓ ↓

☆☆お絵かき魔法アプリ「マジコレ」☆☆

——————————————————————

 

引用記事:NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク

「ペップアップ通信vol.4」

会社概要プライバシーポリシー利用規約お問い合わせ広告掲載について

©Plainnovation. All Rights Reserved.