子どもの成長に合わせた声かけをしよう/親子の関わり合いが豊かになる魔法の言葉シリーズ vol.8

いつも魔法言葉シリーズをご購読いただき、ありがとうございます!

前回の最後に「すぐ効く魔法の言葉、じっくり効く魔法の言葉がある」

とお伝えしましたが、今回はもう一つ、お子さんの成長に合わせて選ぶ

魔法の言葉をご紹介したいと思います。

 

 

つい半年前までは、子どもが壁に落書きをしていることを注意したのに、

気付いたら今度は生意気な口の聞き方に対して叱っている。

子どもの成長のスピードは保護者の方が思う以上に著しく、その成長の

段階によって叱る内容も変わってくるでしょう。

 

 

 

■ 8回は成長に合わせた声かけをしよう、です。

 

f727d71300d5d69dc7b5867d70586733_m

 

 

今この瞬間のお子さんの行動にフォーカスすると、「なんでうちの子はこんな

ことするの・・・」と思うことも、実はその時期に特徴的な発達課題が出ている

だけということが多いものです。

 

 

少し長い目でみると、その行動も言動も「そのうちなくなること」であって、同じ

内容で叱り続けることはほとんどないといっていいでしょう。

「今はこういう時期なんだ」と保護者の方が理解できれば、その時々のお子さんの

行動を大きい心で受け止めることができるはずです。

 

 

 

そこで、今日はお子さんの成長に合わせた魔法の言葉を紹介しましょう。

今回は、特別にそのシーンの時々、保護者の方がこういう心でいればずっと楽になる

アドバイス付きです!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

▶ 1〜2歳児のお子さんが、ずっと同じ行動を繰り返していたら

 

「ずっとやらないで、もう終わりにして!」

→「一人でできるようになったんだね!よかったね!」

 

 

☆アドバイス☆

お子さんの行動が終わらなくても、自分の意思で手足を動かせる時期なんだ、

「もう少し見守っていよう」という気持ちで!

 

 

 

 

 

▶ 3〜4歳児で好き嫌いが多いお子さんには、食事の際に

 

「○○くんは、その野菜も食べれるよ!」

→「おいしそうに食べているね! こっちもおいしいよ!」

 

 

☆アドバイス☆

もしここでお子さんが嫌いな野菜を食べられなくても「来年食べられる」

と思って、言い過ぎない。むしろ食べることが楽しいことと意識付けを。

 

 

 

 

 

▶ 4歳児で、少し生意気な言葉を使ったとき

 

「どうしてそんな生意気な口をきくの!」

→「その言葉、お母さんは悲しい気持ちになるな、○○ちゃんはどう思う?」

 

 

☆アドバイス☆

言葉の使い方が広がっているんだ!と思って、今度は人を楽しくさせる言葉を

どんどん教えてみましょう。少し文章の多い絵本に挑戦させてもいいですよ。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

いかがでしたでしょうか。お子さんの成長に合わせて魔法の言葉を少しずつ

変えてみて、発達のステップを見通して「この行動は○歳くらいで終わるもの」

と頭の片隅において接すれば、きっとお子さんに対する苛立や、子育てに対する

悩みも軽減されるはずです。

 

 

保護者の方の子育ての悩みが少しでもラクに、そして親子の関わり合いがもっと

豊かになるよう、これからも魔法の言葉をお届けしていきます。

子育てはもっと楽しく! 毎日が笑顔で過ごせますように!

 

 

 

 

☆★☆お子さんへの声かけに悩む全てのお母さん、お父さんへ!☆★☆

親子の関わり合いが豊かになる魔法の言葉シリーズ他の記事はコチラから

 

 

 

——————————————————————

【最新の子育て記事はアプリでも配信中!】

 

アプリをダウンロードすると最新の子育て記事

のお知らせも届きます!

↓ ↓ ダウンロードはこちらから ↓ ↓

☆☆お絵かき魔法アプリ「マジコレ」☆☆

——————————————————————

会社概要プライバシーポリシー利用規約お問い合わせ広告掲載について

©Plainnovation. All Rights Reserved.