努力の先の明るいゴールを伝えよう!/親子の関わり合いが豊かになる魔法の言葉シリーズvol.16

子どもの人生を考えたとき、自由にのびのびとその子の人生を謳歌してほしいと思えど、

どこかで、「この先、成功してもらいたい」「勉強ができる子になってもらいたい」と

思ってしまうことはないでしょうか。

 

 

そんな意識があるときはついつい、お子さんへの口調も強いものになっていることもあると

思います。そしてそのときの声かけでは、お子さんも前向きに取り組む姿勢をなかなか見せないでしょう。

 

 

今日はちょっとした言い回しを変えることで、お子さんが努力した先の明るいゴールに

向かえる魔法の言葉を紹介します。

 

 

 

 

 

 ■ 第16回は、努力の先の具体的なゴールを伝えてみよう! です

 

 

781621e978771f89b3530273de58f1f0_m

 

 

 

 

 

 

 

こんな言葉をお子さんにかけてしまうことはありませんか。

 

 

 

「それじゃあ、○○はできるようにはならないよ」

 

「○○しないと、お兄ちゃんのようにはなれないよ」

 

 

 

 

保護者の方にとってみれば、なんとかお子さんにがんばって今抱えている困難を乗り越えて

ほしいという思いでいう言葉、でもお子さんにとっては「じゃあ自分はいったいどうしたら

いいの?」と混乱させているかもしれません。

 

 

 

 

ここで、魔法の言葉をかけましょう!

ポイントは「努力した先に具体的にどんなことができる、わかる」ようになるかを伝えてあげることです。

 

 

 

 

▶ ひらがなをおぼえるシーンとしましょう

 

 

 

 

「絵を見ながら今日はあ行を覚えてみよう。あ行が分かると、

 アイスクリームも分かるし、あの本も一人でよめるようになるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

決して「あ行を覚えないと、本もいつまでも読めないよ!」とは言わずに、覚えることで明るい

ゴール(ここでいう本が読める)を伝えてみてください。

 

 

がんばる先には必ず得られるものがある、だから少しずつでも前に進んでいこうという気持ちを

魔法の言葉でお子さんに伝えていけば、成長が進むにつれてやってくるいくつもの壁にも、「明るい

ゴールがある」と前向きに捉えられるはずです。

 

 

 

 

もちろん早い成長を願うとやきもきするかもしれませんが、保護者の方も焦らず。

お子さんのペースに合わせることも大切にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

☆★☆お子さんへの声かけに悩む全てのお母さん、お父さんへ!☆★☆

親子の関わり合いが豊かになる魔法の言葉シリーズのおさらいはコチラから

 

 

 

——————————————————————

【最新の子育て記事はアプリでも配信中!】

 

アプリをダウンロードすると最新の子育て記事

のお知らせも届きます!

↓ ↓ ダウンロードはこちらから ↓ ↓

☆☆お絵かき魔法アプリ「マジコレ」☆☆

——————————————————————

会社概要プライバシーポリシー利用規約お問い合わせ広告掲載について

©Plainnovation. All Rights Reserved.