【叱り方のこつ】具体的に伝えよう /親子の関わり合いが豊かになる魔法の言葉シリーズ vol.4

前回前々回で、「ほめ方」の魔法の言葉をお伝えしてきましたが、

お子さんとの関わり会いに変化はありましたか。

 

 

■ 第4回目は、ただしからない、具体的に伝えよう! です。

 

a0001_016381_m

 

お子さんをしかるとき「ダメ!」「あー!やっちゃったの」という言葉を使っていませんか。

もちろんお子さんがコップのジュースをこぼしたり、触ってはいけないとき、

どうしても咄嗟に出てしまう言葉ですよね。

 

でも今日から少し、この言葉に魔法をかけてみませんか。

きっといかりを伝えた後に感じる、後悔の気持ちも軽くなるかもしれませんよ!

 

 

 

「(落としたものに対して)ひろいなさい!」

→「あっ、ハンカチに羽がついて飛んじゃった!捕まえてきて!」

 

「(道路に飛び出ようとしたとき)危ない!ダメ!」

→「止まって!危ないよ!」

 

 

 

 

ケガがしないような行為には、ものにキャラクター性をもたせる工夫を、

ケガにつながるような行為には、その行為の危険性を具体的な言葉

「止まって!動かないで!」を使うとお子さんもより早く、その言葉が

もつ意味を理解してくれるはずです。

 

 

「子どもだから」と簡単な言葉で伝えようとせず、一人の人間として具体的な

言葉をもって接すると、親子の関わり合いはもっと豊かになりますよ!

 

次回は日常生活での言葉の魔法のかけかたを考えていきましょう!

 

 

 

 

☆★☆vol.1〜3までの「魔法の言葉」はコチラから!☆★☆

 

 

 

——————————————————————

【最新の子育て記事はアプリでも配信中!】

 

マジコレのアプリからでも子育て記事を購読できます!

↓ ↓ ダウンロードはこちらから ↓ ↓

☆☆お絵かき魔法アプリ「マジコレ」☆☆

——————————————————————

会社概要プライバシーポリシー利用規約お問い合わせ広告掲載について

©Plainnovation. All Rights Reserved.