お片づけの苦手意識をなくしていこう! /親子の関わり合いが豊かになる魔法の言葉シリーズvol.23

 

 

前回は、食事のシーンでの魔法の言葉をご紹介しました。

今回はお片づけのシーンでの魔法の言葉をみていきましょう。

 

 

「お片づけをすすんでしてくれません」といった悩みをもつ保護者の方も多いでしょう。

さてどうしてお子さんは片付けが苦手になるのでしょうか。

 

 

もしかしたら、保護者の方が家事をやっているときのマイナスの言葉

「今日もなんで散らかってるの! あー片付けるの大変じゃない」

で潜在的に「片づけは大変、めんどくさい」というイメージがついているのかもしれません。

 

 

そんなマイナスイメージを魔法の言葉をつかってポジティブなイメージにかえていきましょう!

 

 

 

 ■ 第23回 お片づけの苦手意識はすぐなくせる!

 

9094976c0e3465f67a274d30c5580fdb_l

 

 

 

まず、お片づけはどうして、大切か。その根拠をお子さんに伝えましょう。

 

 

 

 

  • 片付いている部屋は気持ちがいい

 

  • 元の位置にあれば、次使うとき探さずにすむ

 

  • 次つかう人が喜んでくれる

 

 

 

 

など、片付けは人の役にたつ、気分が明るくなるなど前向きなイメージを伝えてください。

そして、片付けができたときは、こんな魔法の言葉をかけてみましょう。

 

 

 

「ありがとう。元の場所にきれいに戻せたね、よくできました!」

 

 

「お父さんの靴を並べてくれたの。お父さんが喜ぶよ!」

 

 

「お部屋がきれいになって、気持ちいいね〜! ありがとう!」

 

 

 

 

 

そして、お片づけに慣れてきたら、徐々に次のステップへ促す声かけをしてみましょう。

 

 

 

「今日は、お皿洗いのお手伝い挑戦してみる?」

 

 

「まだ少し汚れているけど、明日はもっときれいにできるかな? やってみよう!」

 

 

 

 

ときにはユーモラスに、

 

 

 

 

 

「お風呂隊長! 今日もお風呂のきれいを守ってきてください!」

 

 

「今日はあなたがお片づけ隊長! お父さん、お母さんはどこをやりましょう!」

 

 

など、年齢やお片づけに対する意識の変化に合わせて、声かけをかえてみてくださいね。

そしていつも「あなたのがんばりを見ているよ」という気持ちを魔法の言葉にこめてみましょう。

 

 

 

認めてもらうこと、がんばることの大切さをお片づけの中で感じることができれば、いつの間にか

苦手意識はどこかへ消えていくでしょう!

 

 

 

☆★☆お子さんへの声かけに悩む全てのお母さん、お父さんへ!☆★☆

親子の関わり合いが豊かになる魔法の言葉シリーズのおさらいはコチラから

 

 

 

——————————————————————

【最新の子育て記事はアプリでも配信中!】

 

アプリをダウンロードするとプッシュ通知で

子育て記事の更新情報をお知らせします!

 

 

↓ ↓ ダウンロードはこちらから ↓ ↓

☆☆お絵かき魔法アプリ「マジコレ」☆☆

——————————————————————

会社概要プライバシーポリシー利用規約お問い合わせ広告掲載について

©Plainnovation. All Rights Reserved.